トップページへ

会長からのメッセージ(26)
西夏王国のこと

 10年も前になるが、中国西北部で進行中の国際協力機構(JICA)研究協力プロジェクトの延長の話し合いと署名のため 、「寧夏回族自治区」の区都銀川(ぎんせん)に行く機会があった。銀川はかつての西夏王朝(1032−1227)の都であり、西夏は井上靖の「敦煌」の舞台となった王朝である。西夏王国は現代中国の甘粛省と寧夏回族自治区に当たる範囲を版図としていたが、北方に起こりモンゴルを統一したチンギス・ハーンによる遠征とこれに続く戦争によって王朝は10代を以て滅びた(なおチンギスは西夏滅亡を前にして死ぬ)。西夏初代皇帝李元昊(り げんこう)の時代に考案されたとされる「西夏文字」は、小説敦煌にも奇妙な文字として書かれている。西夏文字は一見漢字に近いが、漢字とは違う。これが西田龍雄氏(京都大学名誉教授)によって初めて解読されたことを知った時の興奮を今も思い出す。
 寧夏回族自治区はその名の通り回族(イスラム)が1/3を占め、銀川にはイスラム寺院が目立つ。銀川市の郊外を西にゆくと、西夏王陵と更に西方に屏風のように連なる賀蘭(ほうらん)山が望める。賀蘭山は昔から騎馬民族の侵入を防ぐ天然の長城であった。銀川市の西南方向と、遙か北に向かって流れる黄河を渡った東方に、明代に築いた「万里の長城」址が残っている。黄河の取水で潅漑が行われている寧夏平原の農業地帯をはずれると、南は黄土高原につながる砂漠地帯である。
 平成6年(1994)1月20日から現地調査・交渉などの用件をすませ、自治区林務局の案内で西夏時代の貴重な遺跡などを訪れる機会に恵まれた。緯度はほぼ北九州と同じであるが、大陸奥地のため冬はマイナス10度以下になる。私の関心事である西夏文字についてはほとんどなにも聞けなかったが、西夏王の陵墓群や賀蘭山の岩絵を丁寧に案内してもらった。いずれも観光客はまだ少ないが近年人気が出ているとのことだった。


2006年6月 小林 富士雄



銀川市郊外に広がる砂漠


銀川市西南にある万里の長城の監視塔址
明代に築かれたというが廃墟に近い


痛みが激しいは万里の長城
これも明代の構築だという


流水が少ない黄河


西夏陵一帯
夏は草が僅かに生えるとのこと



西夏王陵
かなり硬い構造だが風化が進んでいる
周りに瓦の破片が散らばっていたが、
これが何かわからなかった


賀蘭山の山並み
この向こうがモンゴルのゴビ砂漠に連なる



賀蘭山の深い渓谷の岩に彫られた岩絵
人間の顔らしいものが多い
3千年前のものだという



会長からのメッセージ  バックナンバー 
(1)会員あっての山林会
(2)木材輸入は水輸入
(3)これからの経営問題への取り組み
(4)現地研修会を顧みて
(5)大日本山林会第21回総会記念写真集
(6)木の神社
(7)岸本定吉先生を偲ぶ
(8)アメリカの森林問題と政治家と
(9)全国植樹祭と宮崎のスギ
(10)山林会平成16年度通常総会終わる
(11)ゆく半年、くる半年―山林会創立記念事業に思いを新たに―
(12)熊剥ぎ被害をテープ巻きで予防
(13)歴史に学ぶ
(14)北海道現地研修会を顧みて
(15)早生樹の話―その1 中国の暖帯系ポプラ―
(16)伊勢神宮新穀感謝祭に参加して
(17)津波と海岸林
(18)吉野林業見聞記
(19)旧閑谷学校の楷樹
(20)早生樹の話―その2 ベトナムのアカシア―
(21)観光資源としての木
(22)岡山・鳥取現地研修会
(23)森林総合研究所の百周年記念行事に参加して
(24)ネパールに思うこと
(25)不法伐採問題の一断面