文献センター収納の文献・資料の魅力ご紹介

文献センター

(センター担当からのメッセージ)

@文献の検索をする画面 A文献センターへのアクセス
 いきなり検索画面に行きたい方は@をクリック、センターの場所や利用案内はAを、森林、林業の資料・本の魅力を知りたい人は、以下をお読みください。

無料で、開架閲覧自由な林業専門のセンター、別名探しのお世話センターとも。
求めるテーマの資料・本がかたまりで揃っているので、見るだけでも探せます。
国会図書館、大図書館では本のタイトルを申し込み出してくれる式図書館では同じようなテーマの本を複数手に入れるにはその本の題名を知らないと無理です。
どんな専門的な分野でも、必ず初歩的な本から最上級の本があるので、書架に辿りつけば自分にあったレベルの本に巡り会えるので便利、開架型の特徴です。
家族的な雰囲気で、必要なテーマの本を案内して差しあげて喜ばれてます。本の検索はコンピューターも便利ですが、機械がなくても気楽に探せます。

山の本は人を癒す、山に働く人々の生活記(きこり、炭焼き等)、林家(山主、林業事業家等)の独り言等。
 難しい林業事業の経営論などでなく、山の生活山の自然珍しい動物の生態、木々の変化名称など、山林所有者はどういう生活や意見をもっているのか、これらの方々の日常を紹介する本が最近沢山あります。
 林木の伐採法から、炭焼きのやり方、木の実の採取、食べ方、生命の危険を感じること、民俗学に出てきそうな道具の由来等など田舎暮らしにも関連、マタギの文は牧歌的な雰囲気を感じて、癒される文章が多く救われ親しめます。

あなたも街の樹木博士になって、街の子供達や野外学習会で先生になろう。
森林の難しい分野の一つは樹木学で、立木(夏木、冬木)、丸太、製材品それぞれが別の顔を持つのが樹木学であり、立木だけで何千、何万種になるで、とても在学中ではマスターできない、林業の専門家でなくても、むしろ興味を持って身辺を日頃に興味学習で街の樹木博士になりえる分野。
フルカラーで紹介本を取り揃えてあります。
種苗から苗木に育て、林地に植林し、成林するまでの作業はまさに山の農業です。
紅葉の林景、絶景写真を見るような楽しみがある樹木図鑑で知識を得られます。
森の健康効用の専門書で、自然の素晴らしさを確認してください、好きになります。
全国の森林公園の紹介本は、健康に良い観光案内になります。
全国の珍しいキノコ図鑑は、ディズニーの小人が出てきそうな神秘的な造形です。キノコの実物が付いている図鑑とは一体どのように表現するのか、まずは一見のこと。
@文献の検索をする画面 A文献センターへのアクセス
森林鉄道の懐かしの写真集と昔の林業作業の写真と絵  
 木曽の森林鉄道を始め、森林鉄道と表記した本、資料が10数点あり、また単独の鉄道写真アルバムがあるので、昔風の太鼓橋を渡る風景は鉄道ファンには堪えられません。さらに一言、林業業務上のお話と共においで頂くと理想的です。

炭焼きの副産物で林木から農薬ができる、有害な農薬の心配レスになる林産物の恵み。
本来薪であるはずの原料木材が、灰にならずに炭になるのはなぜ。
同じ炭なのに、普通の炭備長炭(堅い炭)の違いはなぜ出来る。
炭焼きのときに出てくる煙を冷却すると、木酢液になりこの液は薄めて使うと、防虫剤の無害に近い農薬となり、さらに薄めると民間薬にもなる。森林の効用の一つ。
@文献の検索をする画面 A文献センターへのアクセス
木でありながら宝石とは、木材工芸の原木は、木でありながら宝石になる
カヤの大木は一本で何千万円もするものあり、50万円以上の碁盤が何十個も取れる。
スギ、ヒノキの大木一本で、木造家屋一軒できてしまう、だからとても価値がある。
緑檀(翡翠のよう)、黒檀、白檀等の木材は、丸太で宝石と同価値だが日本産はない。
香木とは、昔の木材が土に埋もれて変化し、香りのよい香木に変化したもので、偶然に後世に発掘されたもの、日本にも出るが主に東南アジアで産出宝石よりさらに高価。

森林・林業の本は、たった3文字で探せる。題名や著者名の一部を指定だけでもよい。
あるいは著者名も「日本太郎」氏ならば、「本太郎」で簡単に検索できる。
林業(生産、森林史、地理、参考図書、雑誌、学会、試験場)、林業経済(林政、林制史、市場、組合、経営、山村農村林業)、森林立地、造林、森林保護、森林施業、森林工学(測量、施業)、森林利用(木材学、運材、木材理学、加工、副産物のきのこ)、林産製造(木材炭化、木材パルプ、糖化、油脂ろう、漆、狩猟)、これら分野に上記の全てを含む。
難しそうな見出しは関係ありません。求めたいテーマの本が1か所に塊ってます。
「林業経営入門」の本なら、「経営入」のように特徴的な言葉の部分ですぐ探せる。

文献検索の極意(この文献検索システムの特徴的なご紹介)
常識的にはほしい文献のタイトルをフルネームで指定すると、確実に検索できると考えがちですが一字でも違うと出てきません。上の本が「林業経営入門」の如し
10人の利用者が、ほしい本のタイトルを100冊申し出ると、その内約95冊の本が、大体申し出名が思い違いで、ヒットしません。フルネームは禁断なのです。
つまり、特徴的な3〜4文字を指定するのがベストという結果になります。
林野木材森林林業などの2文字言葉は、何百何千とヒットするので禁断です。
もともと、林野木材森林林業などの専門検索のシステムですから、これらの言葉は最初から指定不要なのです。また、2文字ではヒットし過ぎが多く避けましょう。やはり、3〜4文字に限ります。
@文献の検索をする画面 A文献センターへのアクセス