トップページへ

会誌「山林」平成29年7月号 本会の会誌『山林』は、明治15年1月の本会創立とともに刊行され、以後一回の欠号もなく発行をつづけ、既に1500号を超えています。したがって、本誌は、明治以降のわが国林業の生き証人としても高い評価を得ています。

・毎月1回、5日発行。
・会員の方には無料で配布いたしております。
・一般の方が購読される場合は、1冊400円になります。


「山林」ロゴ   No.1598 2017年7号目次 (PDF形式)
林業イノベーションの方向性 長谷川尚史 2
私の林業経営
 山からの恵みに感謝しつつ─原発事故からの
  しいたけ生産の復活を目指して─
菊池 英雄 11
林家の経営マインドについて
 ─森林所有者アンケート結果の報告─T
伊藤 勝久 18
地域限定のマイナーな山菜 松本 則行 27
「平成28年度 森林・林業白書」の概要 寺村  智 33
平成29年度 参与会議の開催 43
平成29年度 通常総会報告 46
ドイツで感じた文化と森林 (1)
 「オランダ人のモミ」、日本の卒塔婆となる
石崎 涼子 50

林業動静年報 林業経営編
 再造林における下刈り省力化の可能性
山川 博美 58

 林 産 物 貿 易
 レ ポ ー ト
都道府県別にみた2005〜15年
 における素材需要量に対する
  素材生産量の割合
立花  敏 52
 山 里 紀 行 動物と人間 内山  節 54
 森 の 採 譜 乞巧奠 丹治富美子 56
 緑 の 切 手 濃縮された樹景(10)
 「盆栽 フィリピン」
羽賀 正雄 表紙4

新刊図書紹介 67
林材界時報 68
記者クラブから 70
表紙写真に寄せて 表紙2
編集部たより 表紙3


前5ヵ月分の目次(PDF形式)